週に5回40分程度のウォーキングをしています。 なのに体重を測ったら3




週に5回40分程度のウォーキングをしています。 なのに体重を測ったら3キロ増えていました。
朝食をとり洋服を着て測ったのでそのせいもあるかもしれませんが、今年の健康診断よりも3キロも増えていてとてもショックです。
健康診断で医者にもう少し痩せてくださいと言われています。
健康診断の時はBMI31でした。
自分なりにインターネットで調べたらウォーキングし始めてから3ヶ月くらいしないと痩せないみたいなことが書かれていました。
あまりストレスにならないオススメのダイエットはありませんか?
私は食事制限をするとかなりのストレスがかかるので食事制限をするダイエットは向いていません。
私は暴飲暴食はしていません。
一食分を食べます。
ただし、調理師を目指しているので学校で調理実習があり、試食を毎日します。
試食が原因なのではないかなぁと思うのですが…
ご意見お待ちしています。






えーと、ダイエットの専門家が「ダイエットは食事が9割」と断言するぐらい食事は大事ですよ。
BMI31なら、肥満度は2「ストレスがかかる食事制限は向いてない」なんていっている場合ではないです。
要はカロリー収支なので、消費カロリーに対して摂取カロリーの方がやはり多く「食べ過ぎ」なのです。
1日食べている食事、間食、飲み物、試食のカロリーを毎食計算し、まずはどのくらい食べているかをしりましょう。成人なら1日1800kcal、成人男性なら2000kcal程度ですが、比較してみていかがでしょうか?
私はダイエット前はBMI33、質問者さんと同じく肥満度2でした。今は標準体重でBMI21です。
だからこそですが、太っている人の「普通」「一食分」というのは、標準体重の人からみたらカロリーオーバーの場合が、ほとんどです。私は初めてカロリー計算したとき「えっ!普通の人ってこんな僅かしか食べてないの?すずめの涙もないし!」と衝撃でした。
ウォーキング40分で消費されるカロリーより、どらやき1つやチキンナゲット5ピースの方が多いのはご存知ですよね?
現在の運動量では、毎食分+試食による摂取カロリーの方が上回り食べ過ぎなのです。
運動量を増やす、または摂取カロリーを減らすどちらかで対応できるケース、両方が必要なケース様々です。
体重は、毎日同じ時間帯に測って下さい。
せっかく調理師さんを目指しているのですから、栄養について勉強されると将来にもいかせますよ。健康志向が高まる世の中なので、カロリーや糖質を気にする人も増えました。「一食500kcal程度だけどしっかりボリュームもあり、美味しい」ためには、どんな食材をどんな調理法が必要か?とか。
◆一日に摂取すべきカロリーを、オーバーしている感じがしますね。
例えば身長160cmの方ですと、1.6×1.6×22×30=約1700キロ㌍となりますが、-200キロ㌍の「1500キロ㌍」(約19単位、1単位は80キロ㌍)の食生活ですと、ダイエットになります。
調理実習での試食もこのカロリーに入れて計算します。
食品交換表で検索をかけると表が出てきますので、その中の1500を見ると炭水化物・脂質・タンパク質などを一日どれだけ食したらいいのかが書いてあります。
間食はNGとし、就寝二時間前は何も口にしないで寝られるといいです。
40分ほどのウォーキングをされているとの事ですが、ただ歩くのではなく歩幅を広くして、やや早めに歩くといいです。勿論、汗をかくのがいいですので、やや厚めの服装でと思います。
自分も若い頃は調理師養成校を出て現在、調理師でもありますがウォーキングでのダイエットより食事摂取を計算してのダイエットの方が賢明かと思いますね。
◆有酸素運動だけでは痩せない。(健康にはいい)
脂肪と筋肉に互換性はない。
痩せたいなら食事制限と筋トレ。
集中すれば半年でボディラインは劇的に変わる。その半年の我慢ができないのなら、太く短く生きるべき。
◆継続してウォーキングしてると、3ヶ月もすると、脂肪が筋肉になります。筋肉は脂肪より重いです。しかし有酸素運動も続けないと、数日で筋肉は脂肪になります。
◆調理師を目指しているのなら、カロリー、代謝なども最低限の知識は必要かと思います。
質問をみるかぎり、具体的な数字があまり出てこないので、おそらく知識不足じゃないかな…
まず性別、年齢、体重から基礎代謝を考え、活動係数をかけて、一日に摂取可能なカロリーを決めます。(ネットで検索したらすぐ分かると思います)
もちろんその分食べたら、体重は増えも減りもしないので、それよりも減らすかもっと運動するか。
毎食一回一回をしっかり食べたうえで、試食までしていたらそりゃ食べすぎです。
ウォーキングはしないよりするほうがいいですが、歩いていても消費するエネルギーはたかがしれています。だんだん負荷を上げていき、走る、泳ぐなどの運動にしていきましょう。
しっかり有酸素運動をすると、セロトニンやドパミンなど脳に作用する前向きな気持ちになれるホルモンが分泌されるそうです。結果的にストレスはたまりにくくなるんじゃないかと。
実際私も、運動していない時期にくらべて週4以上ジョギングしている時期の方が、気分も体調もいいです。
◆裸で測定し直しましょう。
ウォーキングは60分に伸ばして、大股かつ全速力で歩くようにする。