夜型を治そうと思って翌日の夜まで寝ない、という努力をして寝付きは




夜型を治そうと思って翌日の夜まで寝ない、という努力をして寝付きは良くても、2時間など睡眠時間がものすごく短くなって目覚めが早くなる問題についての対処法を教えてください。
つまり、 朝方の睡眠なら、夕方までぐっすり眠れるのですが、一睡もせずに夜に寝ても、睡眠時間がやたらと短くなってしまいそれ以上は眠れないのです。
これはなぜでしょうか。






貴方の症状は概日リズム睡眠障害と言います。
体内時計の睡眠スケジュールは、1日に数10分しか動かせません。
体重で例えると、1日に数100グラム程度なら痩せられても1日で10キロ痩せるとかは無茶です。
よって、翌日の夜まで寝ないではなく、次第に夜に寝るように動かしていくのが正しいのです。
基本的に30分動かして1週間かけて慣れさせるのですが、早寝に遡らせるよりは夜更かし型に動かす方が楽なので、光を全く浴びない生活をしつつ30分遅らせるを3日で更新していけば、いずれ昼型から夕方型になり、夜型になるでしょう。
◆二度寝、三度寝をするとか
私も若い時は二度寝、三度寝で24時間睡眠が可能でしたよ