体のぴくつきと左足親指の動かしづらさについて 長文失礼します ここ2




体のぴくつきと左足親指の動かしづらさについて
長文失礼します
ここ2週間ほど体じゅう(特に両足ふとももあたりが多い)が1日に何度もぴくつき、ALSの初期症状ではと疑っていました。しかし 、ぴくつきはストレスからも起こるそうで、確かに受験や環境の変化で自律神経が乱れていたことからそれが原因だと納得させていました。
しかし、数日前にお風呂で足の親指以外を握り、足の親指だけを動かしたところ、右足親指は動かせるのに対し、左足親指は動かしづらく、かつ可動範囲も小さかったのです。また、よくみると右足の甲に比べて左足の甲が骨ばっており(自分が元々かなりの痩せ型であるということもありますが)、調べてみると、ALSだと片手足の指が動かしづらいことからはじまると書かれていたことから、不安が再燃してしまいました。
今の状況としては
・相変わらずのぴくつき
・肩や首の凝りなど全身の疲労感
・前述した足の親指以外を握り動かすと左親指が動かしづらい
・若干右親指より力が入っていないような気がする
・気になってずっと動かしつづていたらつりそうになり、筋が痛くなった
・しかし、握らず動かすと左右全く問題なく動かしたり伸ばしたりできるし、力も入る(気持ち左のほうが上がっていないように見えるが誤差レベル)
・足の指をギュッと握ると左足親指と人差し指の間が少しへこんでおり、パキパキ音がする
・左足の甲が右と比べて骨ばっている気がする
・歩きづらいとか足が上がらないとか立ち上がりづらいといったことは一切ない
といった状況です。
18歳という年齢や家族にいないことから、ALSである可能性は全くないとはわかってはいるのですが、それでもこれから力が入らなくなっていったらどうしようといった不安が残っています
ぴくつきや押さえた状態での足の指の動かしづらさはALSのような病気の前兆なんでしょうか?
それとも、単純にストレスや疲労、足の指を動かし慣れていないことによる動かしづらさなんでしょうか?
匿名かつリクエストで申し訳ありません






alsじゃないと思いますけどねえ
只でさえ少ない病気で
しかも若年性であなたの場合下肢からはじまっている...(多くは上肢からはじまる)
って考えると違うと思いますよ
心配なら神経内科で診てもらっては?
◆ありがとうございます
下肢から始まることは少ないとは初めて知りました。
相変わらずピクつきが左足中心に続いていますが、やはり歳からいっても可能性は低いですよね…
あまり深く考えすぎないようにしてみます