咳のし過ぎによる肋骨骨折から、その後について。 よろしくお願いしま




咳のし過ぎによる肋骨骨折から、その後について。
よろしくお願いします。
2年前、酷い咳で肋骨にヒビが入り、骨折と診断されました。
ただその際、レントゲンの角度から映りにくい?箇 所の骨折だったため(正面・横からのみの撮影で斜めからは撮られませんでした)レントゲンを二回に分けて撮り、二回目に斜めからの撮影で判明した次第です。
骨折と診断された時にはもう変形?癒合した後でした。
それ以降、ある程度酷い咳が続くと同じ箇所が痛むようになってしまいました。(骨折時のような痛みではなく、咳をする際当該箇所にコルセットしたい位の痛み)
これはくっついた際、変形癒合した為、いわゆる癖になってしまっている状態なのでしょうか?痛みを取り去るのはもう不可能でしょうか?
風邪をひくたび痛むので、一生付き合わないといけないと思うと精神的になかなかしんどいです。






私も4階から仕事中に3回くらいバウンドして落ちて結局は4本骨折とヒビ割れで3本しかヒビ骨折がレントゲンでわからず、骨折して骨が引っ付いた時は必ず引っ付いた部分が膨れてバランスよく治っていきますけどね。肋骨は折れても笑ったり、咳をしない場合はコルセットをして居れば痛みはほとんど無いですけどね。そして会社の人は肋骨の骨折と鎖骨の骨折は痛みが無いのを知っているので、骨折してから3週間くらいで仕事が忙しいので無理やり建設現場の足場の上のハードな仕事をさせられて、体をひねった時に痛かったですけど、なんとか治り8年後くらいに腰椎ヘルニアになり因果関係は認められずに、違う仕事に再就職してヘルニア手術はせずに大腰筋と足のふくらはぎを少し鍛えて、今も仕事の休憩時間は毎日足のふくらはぎのストレッチを軽くして筋肉でヘルニアの痛みを7年くらいカバーしてほとんど痛みなく生活している状態ですね。結局は肋骨骨折した場合は私も2本くらいしか発見されませんでしたけど、内臓破裂が恐いので血尿の心配をしていましたけどね。どっちみち折れていても湿布とコルセットの治療でしたけどね。