ケトジェニックダイエットまたは糖質制限ダイエットに適した運動は?5




ケトジェニックダイエットまたは糖質制限ダイエットに適した運動は?51歳男性。 2週間前から決行。7kg減量しました(127→120kg)糖尿病のため、事前に主治医と相談しました。
その結果、次のことを申し渡されました。
1.30kg減量するまでは、どんな食事も可。それ以降は要注意。
2.毎日の体重の記録を来院時提出。
3.医師の方では毎月血液検査。
4.必ず運動すること。自力で不可能の場合は、医院の2Fのジムに来てもらう。
さて、4の運動ですが、最初は、市営ジム(無料)で筋力トレーニングをと思っていました。しかし、知恵袋の回答を見ると、筋力トレーニングで、グルコースは消費されるが、ケトン体は消費されないと書いてありました。かたや、有酸素運動のほうも、消費されるカロリーはほんの少しで、気休めにしかならないという話もよく聞きます。
いったい、どんな運動をすればよいのでしょうか?
なにも考えない解決策としては,医院の2Fのジム(有料)のお世話になることが考えられます。
なお、民間の高価なジムへ行く予算はありません。
有酸素運動も、持病の腰痛や、ひざを傷める恐怖から、エアロバイクくらいしかできません。






一番簡単なのは何度か病院のジムで指導してもらいその後無料のジムで同じような内容でトレーニングすれば良い
それと食事を見ましたがケトジェニックにはなってないです
◆やはり、昼食のカロリーメイトが糖分が多くてダメ、夕食のただの宅配弁当でダメというところでしょうか。
◆こんにちは。
要は、主治医の言いたいことは、「食事方法、1本でいくんじゃなく、」「食事方法+運動方法」で進めてくださいよ、ってことで、
腰痛、膝の事情もあるしで、
=自分のやり易い運動だったら何でもいいんじゃないかと思います。
有酸素運動でも、筋トレでも、何でもいいんじゃないかと思います。カロリー消費さえすれば。(詳しいひとから見れば効率の違いはあるでしょうけど)
「ブドウ糖」はエネルギー物質ですよね。
ブドウ糖は全部の細胞のエネルギー物質です。
1個1個の細胞がそれぞれにブドウ糖を取り込んでエネルギーとします。
人間の細胞は約60兆個(最近は37兆という説が…)
約60兆個の細胞がブドウ糖を消費します。
「ケトン体」もエネルギー物質です。
ブドウ糖と同じように、細胞に取り込まれてエネルギーに使われます。
60兆のうち、赤血球という細胞だけ、「ケトン体」を利用しません。
(赤血球はブドウ糖だけがエネルギー)
それ以外の細胞は「ケトン体」をエネルギーに利用します。
(それ以外の細胞は、ブドウ糖も使うしケトン体も使うし。)
(細胞にはミトコンドリアがあって、「ミトコンドリアがある細胞」はケトン体を使えます。)=ブドウ糖も使うし、ケトン体も使うし。
(「ミトコンドリアがない細胞」はケトン体を使えない。)=ブドウ糖だけ使う。
(60兆の中で「ミトコンドリアがない細胞」は赤血球です。)
Q、じゃあ糖質制限なんかしたら赤血球のためにはまずいんじゃないの?
食物のブドウ糖が体内で底をつくと、
体内の脂質・たんぱく質を取り崩して加工して、ブドウ糖に変身させます。
(理由の説明は省略しますがここにもダイエット効果があります。)
「取り崩して・加工して・変身させる」という作業にエネルギーを使うからカロリー消費効果もあり……
糖質制限やケトジェニックは、
痩せるためにも「あぶら」「たんぱく質」を毎日しっかり摂取、必要です。
健康にいいので、不定愁訴が治るので、健康法にケトジェニック、糖質制限をする人もいます。
痩せ体型・ふつう体型などの人でも【あぶら・たんぱく質、毎日しっかり必要】です。
──────────────
脳細胞も、「ケトン体」をエネルギーに利用します。
けっこう昔、CMとかで「脳細胞のエネルギーはブドウ糖だけ」とやっていた時代がありますがそれは間違いです。
正解は「脳細胞のエネルギーはブドウ糖とケトン体」です。
いまでも、医療関係者でさえ「脳はブドウ糖だけでしょ」と思っている人が多いそうです。
誤解が生まれたいきさつは、
「脳へ入る血流には関門があって(これは事実です)」
「脂肪酸(?)は関門を通れない(これも事実です)」
「脂肪酸からできたケトン体は脳の関門を通過できて、脳細胞のエネルギーに使われます。」
─────────────────
【取り崩して・加工して・変身させる】=カロリー消費効果、、、
これは糖質制限しない人でも1日の50%起きています。
=ふつうに糖質を食べてる人でも、1日に約12時間あります。
糖質制限してると、12時間よりも伸びて、四六時中だそうです。食事中でもカロリー消費が起きてるって本に書いてありました。(なんか笑えて来ました)
食品からのブドウ糖は、未使用だと3、4時間でとにかく中性脂肪に変身させられてしまいます。
「食品からの未使用のブドウ糖が存在しなくて」「口から糖質が入って来ない状態だと」
【取り崩して・加工して・変身させる】作業が起こります。
だから、糖質制限ダイエットをしていない人でも、1日に約12時間くらい【取り崩して・加工して・変身させている】
─────
そうやってブドウ糖が合成されるなら、どのタイミングでケトン体が消費されるのかがいまいちわからないのですが、、、
ダイエットしない人でも、時々、ケトン体ができて、エネルギーにしてるんじゃないでしょうか。
ダイエットしてない人でも、タイミングで、尿検査でケトン体が陽性になることがあると聞きますし。
───────
詳しいひとから見れば、効率の良い運動ってあると思いますが、
腰痛など事情があれば
「どの運動でもいいから」
「食事方法オンリーじゃなく、運動も併用」だったらOKと思うのですが。
筋トレにしろ有酸素運動にしろ、意味がないわけではないです。腰痛など事情があるなら、なおさらです。
(自分のやってる方法の売り込みですがよかったらMEC食というのも見てください)第一オススメ『肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50㎏痩せました』そんなに肉とか食べるのは不安と思って見た本は第二オススメ『肉・卵・チーズ MEC食でボケない 老けない 疲れない』
脳細胞もケトン体を消費します。
赤血球だけがケトン体を使いません。
腰痛などあるなら、運動の種類は、こだわらなくていいような。
とにかく運動によるカロリー消費であればOKなのでは。自信ないですが。
【取り崩して・加工して・変身させて】は「糖質新」(とうしんせい)で
ダイエットしてない人でも半日起きます。
糖新生とは別に
脂肪酸をケトン体に変身させる、とかも起きるみたいです。
◆いわゆるスーパー糖質制限をやっているのでしょうか?(1日の糖質摂取量60g以下程度)
「グルコースは消費されるが、ケトン体は消費されないと・・」
・・・運動でケトン体を消費させるという認識?
ケトン体は体脂肪になりません。
◆ダラダラ長い文章は読む気にならん
食う量半分、半年続けろ
話しはそれから