44才、男性です。ダイエットについて質問があります。 現在ヒザを




44才、男性です。ダイエットについて質問があります。
現在ヒザを痛め、スクワットやウォーキングができません。スイミングをやろうかと思いましたが、親の介護をしているため家を離れられません。 腹筋と食事制限はしていますが、なかなか減りません。どなたかヒザ(足)に負担をかけないエクササイズをご存知の方、いらっしゃいますでしょうか? ちなみに現在、180センチ、106キロです。
よろしくお願いします。






エクササイズじゃなくてすみません。
こういうのもありますという程度です。
日本で実践されている糖質制限食
A)江部康二さん(医師)のスーパー糖質制限食(1回の食事の糖質量20g以下)
B)山田悟さん(医師)の緩い糖質制限食(1回の食事の糖質量30~40g)
C)釜池豊秋さん(医師)の糖質ゼロ食(1日1食で、夕食、糖質は5g以下)
α)荒木裕さん(医師)の断糖食
β)渡辺信幸さん(医師)のMEC食
※それぞれ氏名で検索すると本があります。
※メカニズムは共通です。アプローチが違うだけな感じです。
・糖質制限は、最初は糖尿病の対策で世の中に出てきました。
・糖尿病患者さんが実行してみたら「肥満が解消した」という効果もあり、
・健康な人のダイエットとしても世のなかに浸透していきました。
・その他に、色々と体調がすっきりする人が多くて、健康法としてやる人もいます。
私は糖尿病じゃなく体型もふつうです。50代に入り「何を食べるべきか」年齢的に真剣に思うようになった時に
人のブログを見ててたまたま5番目のMEC食が書かれてました。
アラフォー女性、
付き合いの飲食で1年で10キロ太った。
エステなども行き始めたが
ダイエットを調べてみてMEC食を知った。
実行してみたらまず3ヶ月で6キロ減った。
3ヶ月の時点のブログです。
ずっと悩みだった頑固な冷え性もよくなった。これが意外だった。
玄米+菜食が良いわけではないらしい。★
じゃあ何がいいかがわからなかった。★
……というふうなブログでした。
40代の書き手が★と書いてて、
私も「何がいいの?」と関心もったのです。
ためしに読んでみようと本を見たらナットクして、
難しいことじゃないのでためしに1日やってみよう、
とはじめました。
1日目からの効果は「食後のひどい睡魔がない効果」
自分には朗報です。
炭水化物、糖質をとると、誰でも食後の血糖値がある程度上昇します。
(正確には糖質の部分です。)
血糖値が上昇するときに眠くなる人がいるらしいです。
眠くなることじたいは病気じゃありませんが、
家にいる時の食後は絶対にだるくて、寝ないでいられない……寝てしまうのです。
外出先なら寝ませんが。
家だと朝食後も昼食後も夕食後も絶対に寝てしまうので
スケジュールも困るし「虚弱体質なのかなー」と困っていました。
それがなくなったので!!(^_^)
他には
・夜は寝付きがいいです
・睡眠中に尿意で起きなくなった
・30代からなんとなく片側のひざが痛いとか、片側の肩の関節がびみょうに痛いのがほぼ消えた
・なんとなく「立つ、しゃがむ」が楽になった気がする=筋肉が増えるらしいです。筋トレしなくても。
・時々、胃酸が上がってたのがなくなった=逆流性食道炎がよくなるらしいです。
・更年期で生理が終息しつつあるときにMEC食をスタートしたのですが、半月くらいでふつうの生理が定期的にあるようになりました。どういうことかというと、生理の「元」(タネ)みたいなものは生まれつき自分の体内に所持しているのですが、必須栄養素(食事)が不足だと生理が起きません。若い女性で必須栄養素を食べないダイエットだと生理が止まります。そういう人がとても多いです。私はそこまでではなかったですが、必須栄養素を増やしたら更年期で終わりそうだった生理が復活しました。いずれは終わるのですが。
ネット書店などで調べると「江部康二」さんの糖質制限の本が多いと思います。私もちょっとずつ読んではいるのですが、数が多くてまだ途中で、どれがオススメかわかりません。
MEC食の本で自分に分かりやすかったのは
『肉・卵・チーズをたっぷり食べて1年で50㎏痩せました』1000円+税
『肉・卵・チーズ MEC食でボケない 老けない 疲れない』1300円+税
MEC食まとめサイト
YouTube動画、約19分です
主治医が見つかる診療所 代謝アップSP第3弾
MEC食をテレビでやった時のです。
(自分の経験から)
①じょじょに抜くのがいいかも
1日目から一気に全部の糖質を抜いたら、
3日目に「脚に力が入らないような感じ」「もう歩く元気がない感じ」「頭も働かないような」で困りました。
本を見たら「エネルギーが行き渡っていない状態です。糖質を一度に抜くのではなく、少しずつ減らすようにしてください」と。
いったん糖質を元に戻して、1ヶ月くらいかけて少しずつ減らしたら大丈夫でした。
②糖質オフやMEC食で、なかには、便秘で困る人もいます。
全員便秘になるわけではなく、「なかには」ていどです。
自分が最近試しているのはバターを少しずつ食べることで、
・朝、昼、にひとかけらずつ。
・「切れてるバター」というので、切れ目ワンブロックのひとかけらずつ(10gぶん)
・5gの個包装、8gの個包装のバターもあります。
・塊のバターでもいいです。自分の適量を探る時は、gのわかるバターが便利です。
・適切な量は個人差があるらしいです。
・それを毎日食べる
・2日に1回出ています。
・水分も増やしています。
本に書いてあったのは「バターなどを飲み物に浮かべてとってください。コーヒー、紅茶、スープ、味噌汁など。」
・たとえば、私と同じ量でお腹がユルくなりすぎるなら、とる回数を減らすとか。それか一回にとる分量を減らすとか。
・私と同じ量でまだ出ないなら、朝昼晩ととってみるとか。
③糖質制限する人で、足がつる場合があるようです。
全員つるわけではなく、なかにはつる人もいる程度です。
本やネットに「野菜や海藻」「マグネシウムのサプリ」「マルチミネラルのサプリ」など対策がありますが自分には効かなくて、思いつきで味噌汁を1日1杯飲むようにしたら今のところ大丈夫です。カップに味噌とお湯をとくだけでも、インスタントでもいいです。
(ダイエット目的の場合)
④人によっては痩せ始めるまでしばらくかかる
・すぐに痩せてくる人もいますが、しばらくかかる人もいるようです。
・今までに菜食中心だった人は、体がそういう代謝に慣れているので、しばらくかかる場合があるみたいです。
・必須栄養素で体の修復を行い、修復が済んでから余分な脂肪が落ち始める人がいるそうです。体の修復というと、骨密度アップとか細胞がしっかり作られるので、少し体重が増える場合がある人もいますが、修復が終わると痩せ始めるそうです。
・もちろんはじめから痩せる人もいます。
(普通の人や痩せてる人は、痩せこけたりすることはありません。)
⑤コレステロール値のこと
・今までに菜食中心だった人は、糖質制限でLDLコレステロール値が上がってくる場合がありますが、
糖質制限で上がったLDLコレステロールは、
質の良いLDLコレステロールが増えているので安心です。
・半年~長くて数年で落ち着きます。
・医師によって認識度がばらつきがあり、LDLがいくらか高かったら薬を出してしまう医師もいます。
(現在では、LDLがいくらか高くても問題にしない医師が増えています。)
(そういうことに詳しい医師にかかっていればいいのですが…)
(ネットで「ドクター江部 糖尿病徒然日記」の中のカテゴリー「コレステロール(60)」見ると安心できると思います。)
糖質制限やMEC食をためしてみるなら、少なくとも1冊くらいは本をみておいてくださいませ。
◆大変詳しい解説、ありがとうございます。
私もMEC食、聞いたことがあります。食事制限も含めてエクササイズ以外のこのような方法も視野に入れてみようかと思います。
ありがとうございました!
◆食事制限出来てないでしょう!?
増量中の時は、1日 4人前食べて、やっと体重維持出来ていました。
減量に入ると、1日 2人前でも 体重は増えます!
この違いは、消化吸収率の差!
膝を痛めて居るなら、食事制限だけで良いと思います。
◆きちんと計算する
1レコーディング
2基礎代謝以上の摂取カロリー
3基礎代謝×活動レベル係数>摂取カロリー
4.PFCバランスやミクロ栄養素(サプリ等もここ)
これがダイエットです。
これがすべてだといってもいいです。
ここから下はダイエット法。ようするにダイエットのおとも
5消費カロリー補助には有酸素運動
6スタイルつくりには筋トレなど
7食事回数や食事タイミング
番外:偽薬効果を狙うなら酵素などあやしい痩身サプリや着るだけ商法
体脂肪1kg減=7200k~7700kcal
7500kcal×落としたいkg÷実現したい日数=1日で減らす必要があるカロリー
わからない言葉は検索すること
あと腹筋で痩せることはないからね
◆主人を痩せさせるのに
食事制限のみ半年で20キロ痩せました。
◆素人の浅知恵ですが、
筋肉の割合が多い所を動かすと良いので
ウォーキングが難しいとの事なので、
太ももの筋肉を動かすのが難しいなら
腹筋よりも
大胸筋や肩甲骨周りの筋肉を動かすと良いですよ。