カウンセラーに興味がある高一女子です。 将来なるなら「このカウンセ




カウンセラーに興味がある高一女子です。
将来なるなら「このカウンセラーがいい」とかあるのでしょうか?種類が沢山ありすぎてどれがいいのか分かりません…。
それと、メンタルクリニックな どで働く看護師にも興味があります。その場合、カウンセラーと看護師、両方のメリットデメリットとはなんなのでしょうか?
調べても沢山情報がありすぎてごちゃごちゃになってしまったので質問しました。
どなたか回答お願いします。






カウンセラーって、国家資格でも何でもありません。
ただの言葉です。
例えば、メイクやダイエットの相談に乗っている人が、
「ビューティーカウンセラー」と名乗ってもいいわけです。
勝手にカウンセラーと名乗っても、
経歴を詐称したり、人を傷つけたりしなければ、
誰が何をしたっていいんです。
だから、カウンセラーって、いろんな人がいるんです。
大学院を修了して、臨床心理士の資格を取った人もいれば、
学歴は高卒で、専門的な勉強は何もしていないけれど、
悩んでいる人の心を癒やすのが得意な人もいる。
誰だって、カウンセラーと名乗って開業できるんです。
(ただし、どこかに雇ってもらう場合は、そうはいきません)
あなたの持っているカウンセラーのイメージは、
どういう人を相手に、何をするイメージですか?
それをよく考えてください。
こんな風に、カウンセラーって、なんでもありの世界ですが、
これに対して看護師は、立派な国家資格です。
看護専門学校や看護大学できっちりと学び、
国家試験に合格した人だけが、
看護師として働くことができるんです。
メンタルクリニックで働きたければ、
看護師の資格を取得した後、
メンタルクリニックに就職すればいいんです。
では、カウンセラーと看護師の違いは…
看護師として働いている人は、
その人の能力を無条件に信頼できます。
でも、カウンセラーとして働いている人は、
その人の能力を無条件に信頼することができません。
私なら、
出身大学や大学院、専門分野、過去の論文、
カウンセラーとしての開業実績などを確かめないと、
とても信用することはできません。
◆1.カウンセラー、といっても千差万別、なるための道筋も、なってからの身分(公務員か、民間企業の社員か、常勤か、非常勤か)も、世間からの評価もまったくちがいます。必要な資格も違い、当然ながら収入も福利厚生も違う。
たとえば、「公立学校のスクールカウンセラー」と、ネットで広告をだして客を集めている会社で働く無資格のカウンセラーではまったくちがいます。「カウンセラーって基本胡散臭いですからね」なんて思われているカウンセラーもいるわけです。
「誰の」相談にのってあげたいのか。まずはそこから考えて見ましょう。
2.メンタルクリニックなどで働く看護師にも興味があります。その場合、カウンセラーと看護師、両方のメリットデメリットとはなんなのでしょうか?
まず、看護師、というのは国家資格をとって初めてなれる職業です。そのためには一般的には高校卒業後、高等看護学校や看護学部のある大学にいって、「正規」の教育を受けなければ絶対になれません。カウンセラーは「資格」でもなんでもありません。民間企業の中には「短大卒以上社会経験あり、未経験者可」という求人を出しているところが山ほどあります。つまり、片方は、「国家が定めた教育を受けた物だけがなれる職業」であり、片方はそういう基準がありません。当然、看護師になるのは、カウンセラーになるよりは難しい。なにしろ、極端なことをいえば、何の教育も受けずなんの資格もとらないでも、事務所を借りて看板をかけ「メンタルカウンセラー」とでも書いた名刺をもってあるけば、それでその人は「カウンセラー」です。
ですから、例えば仕事の安定度、結婚や出産でいったん職を離れた後の再就職のしやすさ、一般的な社会からの(いいかげんではあるけれど)評価などでは看護師の方がいいといえます。
一方で、公立学校のスクールカウンセラーとなると、大学院卒でないと資格がとれません。そのかわり、かりに本当に近い将来常勤職員、全校一名配置、なんてことになれば働き口は非常に大きく、なおかつ身分が安定した公務員ということになります。
◆もう少し絞ってみては
それこそカウンセラーといっても幅があり過ぎますし
このカウンセラーだから安定してるとか無いと思いますし
カウンセラーって基本胡散臭いですからね
人の相談乗ってそこから利益を生むというのは違和感ありますから