ロンダートから後方宙返り一回ひねりのやり方を教えてください。 ロン




ロンダートから後方宙返り一回ひねりのやり方を教えてください。 ロンダートは左手からです。






1回ひねりでは2種類の方法があります。
ひねりの開始時期が違ってきます。
立位で頭の上から見て反時計回りになるひねりで説明します。質問者のロンダード左手から着手と同じです。
簡単な方法(1回ひねりまで)は
蹴って宙返りをし始めてから下が見える瞬間にひねりを開始します。
宙返りで腕の引き上げを伸ばした状態でし、ひねろうという瞬間に右肩(右腕)を左の胸に、左肩(左腕)は左の背中の肩胛骨の辺に腕を曲げて持って行きます。首も左へ向きます。
この時大事な事は単に腕を持って行くだけで無く、下半身と上半身がねじれた状態で無いとダメです。つまり腰の左右にあるラインと肩の左右にあるラインが90度ほどねじれていなければなりません。下半身はできるだけ締めて(硬直状態)おきます。
これだけで頭が上から下へ回転落下してくるエネルギーでひねりが誘導されます。
説明が難しくなりますが、例えばその場で垂直ジャンプ(宙返りはしない普通の)して足が完全に床から離れてから上記ひねりをしてもひねられません。しかし宙返りをすると頭(上半身)が重いのでねじれを生じさせるとひねりへと誘導されます。このひねりはひねり初めが遅いのとひねるエネルギー確保が弱いので1回ひねりまでしかできません。
難しい方法(1回ひねり以上)は
立った状態で左回転(頭の上から見て反時計回り)での説明です。
蹴って後方宙返りをする際両手で天井の方へ引き上げる動作(腕を前から上へ一気にします)をします。この時側湾状態(この場合は右胸のみが側湾だが足がマットに着いている状態で実施)といいますが、顔を左上へ向けながら右手を上に引き上げた状態で、左手もやや引き上げますが、右手より低いままです。この時右胸を反らします。下半身はそのまま前(運動のスタートした方向)を向いた状態でひねり(ねじれ)が加わった状態です。次に足が離れた後、右手を曲げて左胸に近づけ、左手も曲げながら左の肘を肩胛骨(つまり背中)側に持って行き、同時に頭も左へ向けあごを引きます。ひねり回転は「慣性の法則」を利用します。大きな弧にて運動(ひねり回転)エネルギーを与えてその弧が一気に小さくさせれば最初の与えた回転より早く回転します。例で言うならスケートのフィギア選手のスピンと同じです。両手を大きく広げた状態から脇を締め小さくなったなら回転数が増します。
回転の間は首は常に左を向いたままで途中からあごは引きます(つまり蹴ったとき天井を見ていた視線は宙返りし出す(1/4回転ほどで)と地面を見るような角度で変化します。両手も曲げたまま(小さいまま)キープします。下半身は常に締める(硬直)ようにしてください。慣れてきたらひねり終わる前に着地点を見て体をほどくタイミングを見計らい手を広げます。するとひねりの回転は止まります。
1回ひねりができたら2回ひねりも同じ要領ですが、宙返りの高さの確保(空中での時間が長い方が有利)と側湾状態からひねり、体の締め等強烈に実施しなければなりません。体が軽く筋力が強い人が有利です。